fc2ブログ
拍手コメント返信
大変長らくご無沙汰しております。

虫が知らせたのでしょうか?
忙しさでめったに確認できていないのに、今日いただいたコメントを今日キャッチできました。

まずはコメントありがとうござます。
そしてお尋ねの件ですが。

私はPCとスマホ(iPhone8)しか持っていないので、その2つのデバイスでのみ動作確認しております。
私の確認できている範囲ですと、長らく更新できていないためにPCからだと広告が入っております。
スマホからだと広告もなく、なんの問題もなく見えております。
リンク部分が小さくクリックしにくいということもないのですが・・・
コメントをくださったお客様がご指摘されているような現象が一切見受けられません。

私のスマホには「動作不良の役立たず」広告ブロッカーが入っているんです。
ほかのFC2のサイトさまではブロッカーが意味を成しておらず、いろいろ広告が出てくるのですが、私自身のブログでは広告が一つしか出ていません。18禁な広告でもないです。一応ブロッカーが有効になっているんでしょうか?(^_^;)
なお18禁の広告は、私からは如何ともし難く。自サイトに表示される広告の種類は選べないのです。

とはいえ、来てくださっている方の中には、読みずらい思いをされている方もおられるのだと今回教えていただきました。
せっかく来てくださっているのに、知らなかったとはいえ申し訳ないことです。
そして教えていただいてありがとうございます。

対応策としてスマホのテンプレを変えてみます。
今のテンプレあっさりしているので好きなんですけどね。機能的にもすっきりしているはずなんですけど。

この記事を更新するので、PCからの広告は一旦消えると思います。
スマホの広告はどうなるのかな?

すこしでも読みやすくなるといいのですが・・・



追記
overayの広告は外すことが出来ました。
少しでも読みやすくなれば幸いです。

以上。
スポンサーサイト



【2018/06/20 22:45 】 | お知らせ | コメント(2) |
ご無沙汰です
今日、勤務先を退職しました。
明後日から新しい勤務先に行きます。

一応、サイトからの移転は済んでいるのですが。
このまま倉庫サイトになるのか、更新できるのか。
神のみぞ知る・・・(*_ _)人ゴメンナサイ
【2017/06/14 23:48 】 | お知らせ | コメント(0) |
千の祈り 2
りかんさま作品

あれから1週間、経過した。
『魅録のことを考えてはいけない。』
そんな風に考えながら、仕事をしていた。
そんなことばかり考えているから、プールで溺れるなんていう、大失態を起こしてしまった。
目を覚ますと、病院の一室にいた。
続きを読む

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【2017/04/29 22:38 】 | りかんさま作品 | コメント(1) |
千の祈り 1
りかんさま作品

夏が終わり、秋を迎える。
あたしと魅録は、海の近くのホテルに泊まりにきていた。
大学4年の終わり頃から付き合いはじめて、2年になる。
ベランダの椅子に並んで腰掛け、缶ビールを見ながら、ぼんやりと月を見ていた。
「月が大きいね。」
「そうだな。」
柔らかな月明かりを浴びながら、あたしは魅録の肩にそっと頭を乗せた。
ずっと、こうしていたい。
そう、思っていた。
続きを読む
【2017/04/26 21:57 】 | りかんさま作品 | コメント(0) |
あまいひととき
りかんさま作品

スコール…と言っても過言ではないくらい強い雨が降っていた。
講義が終わって、このキャンパスの5号館の入り口で雨を見ながら私は途方に暮れていた。
続きを読む

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【2017/04/21 18:46 】 | りかんさま作品 | コメント(2) |
拍手コメント返信
りかんさん

「ぱんつ」の後始末。
あまりにもドンピシャなお答えに驚いたわ!
想像力が変わらないんじゃなくて、一本筋が通った思考に感動です(*^_^*)
さすがというしか言葉が出ない(笑)
小さな巨人って、オロナミンCだよね!大村昆ちゃんだよね!(笑)
ドラマはチラ見していて、録画を後でじっくり見るつもり。

【2017/04/19 20:15 】 | 未分類 | コメント(0) |
クリスマスには…。
haijiさま作品

12月に入り、街は慌しくその姿を赤や緑の装飾品で飾られていく。
店のショウウィンドーには色とりどりのイルミネーションで飾られたサンタやトナカイ達が楽しそうに動いていて通りを行き交う人々の目を楽しませていた。
その様子をさっきからずっと眺めている男の子が一人。
続きを読む

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【2017/04/19 20:07 】 | haijiさま作品 | コメント(0) |
梅雨前線 side 悠理
りかんさま作品

大学の夏休みが終わって、魅録の家に集まっていた。
ちょっとだけ飲むというつもりでいたのだが、庭に出て花火をすることになった。
あたしが派手な花火を持って走り回っていたら、美童が、「ねえ、清四郎。」と清四郎に声をかけた。
続きを読む

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【2017/04/16 22:14 】 | りかんさま作品 | コメント(0) |
梅雨前線 side 清四郎
りかんさま作品

夏休みに入った。大学生になって、初めての夏休みだった。
高校生の頃、毎年夏は色々と出かけて…。
彼女が、馬鹿なことをするたびに僕は呆れ、幽霊におびえるたびに僕は保護者のように彼女につきそい…。
僕はそんな中、自然と彼女に惹かれていた。
けれども、彼女の口から僕に対して出る言葉は”お前なんか嫌いだ”という言葉しかなかった。

続きを読む

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【2017/04/13 19:49 】 | りかんさま作品 | コメント(0) |
拍手コメント返信
*りかんさん

なんで恥ずかしいの?(笑)
テンペストは素敵なお話だと思います♪
入学式は寝坊もせず、遅刻もせず、居眠りもせず。
その後も京都の街中を1万歩歩いた!

*haijiさん

ほんとに懐かしい~
この作品をもらったのって、そんなに前だったんだ!といまさら驚きました(^_^;)
子供もみんな大きくなったし、これからは自分の時間が増えるはずなんだけどな~
なんでこんなに忙しいんだろう?

*みなみさん

テンペスト、昼メロ系せつなさ満載でしたね(*^_^*)
二人だけになっても愛を貫く・・に、私もきゅーんとしました。
今日アップのりかんさんのお話は、違う意味できゅーんです(笑)
【2017/04/10 18:59 】 | 未分類 | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ